訪問介護ステーション 和来 warai

ABOUT COST利用者の費用負担

イメージ写真

訪問看護のご利用

訪問看護は主治医が必要と認めて(=訪問看護指示書を作成する)健康保険証を有している方なら誰もが受けることができる在宅サービスの一つです。

お持ちの保険証や受給者証によって
自己負担なく訪問看護が受けられる ケースもありますので、
まずは一度ご相談下さい。

医療保険で訪問看護を利用する場合

乳幼児からお年寄りまで年齢に関りなく訪問看護がご利用いただけます。利用を希望する場合、かかりつけ医にご相談ください。訪問看護ステーションでは、かかりつけ医が交付した「訪問看護指示書」に基づき、必要なサービスを提供します。

年齢等 自己負担割合
義務教育就学前 月額の2割
義務教育就学後~70歳 月額の3割
70歳以上75歳未満 月額の2割
(現役並み所得者は3割)
後期高齢者医療の対象者 月額の1割
(現役並み所得者は3割)

介護保険で訪問看護を利用する場合

「要支援1~2」または「要介護1~5」に該当した方は、ケアマネージャーに相談し居宅サービス計画に訪問看護を組み入れてもらいます。

年齢等
要介護認定者 ※要介護度によって支給限度額が設定されている
自己負担割合
月額の1割(一定以上の所得者については2~3割) ※月の支給限度額を超えたサービス分は自己負担